首都圏文化財の保存管理政策支援



国立江華文化財研究所は、首都圏の文化遺跡を体系的に保存・管理するため、政策における役割を進めている。埋蔵文化財の価値を評価し、安定した保存管理システムに取り入れるため、国家帰属文化財の保管・管理、出土遺物の保存処理、発見された埋蔵文化財に対する鑑定評価、保存措置遺跡のモニタリング及び発掘調査専門家による検討会議、世界遺産である支石墓の保存管理モニタリングなどを行っている。一方、文化財の歴史的価値を広め、活用度を高めるため、高麗時代の文化遺跡や「海洋関防」遺跡などに対する学術的支援も行っている。

高麗古墳に対する現地調査
発見された文化財に対する鑑定評価
発見された文化財の出土地域に対する現地調査

Banner

Asia Cooperation Program on Conservation Science 文化財廳 國立古宮博物館 Korea National Commission for UNESCO