発掘調査

羅州・伏岩里遺跡発掘調査

遺跡名 Archeological Excavation Survey of Historic Site in Bogam-ri, Naju
区分 Archeological excavation survey of remains
調査期間 2006 ~
内容 -

甕棺古墳が造られた社会の政治体制を究明する学術研究事業の一環として、史跡第404号に指定された「羅州伏岩里古墳群」周辺地域に関する学術発掘調査を2006年より毎年行っている。

伏岩里遺跡に関する調査では古墳の築造の範囲および性格を究明し、古墳の築造勢力の根拠地を確認することにより、従来の伏岩里古墳群、潘南古墳群など、大型古墳を中 心とした墳墓の研究を越え、実生活を総合的に究明するための史料を確保することを目的としている。

2006年から2008年までは伏岩里古墳群から北東へ約200m離れた地点の調査を行った。その結果、古墳周溝4基、甕棺墓4基、竪穴住居の遺構12基、製鉄遺構の炉址4基、掘立柱建物跡1基などの遺構が確認された。発見された製鉄遺構と竪穴住居遺構からは多量の鉄滓や鍛造剥片(たんぞうはくへん)、炉壁片などが出土し、伏岩里古墳群の東側の外郭に鉄器生産地が存在していたことを示す史料となった。また、大型円形竪穴住居(1号竪穴住居)出土の多量の百済の木簡をはじめ、銘文土器、硯などの文字史料が出土したが、百済の中央(泗沘)でない一地方からはじめて出土した木簡であるという点で、学界から注目を集めた。

2009年から2011年までは伏岩里古墳群の北側と郎洞遺跡の南の調査を行ったが、その結果、馬蹄形の古墳周溝3基と、方形と推定される古墳周溝1基、井戸4基、瓦廃棄跡2期、竪穴住居および溝状遺構などが確認された。馬蹄形周溝から考えると、伏岩里古墳群一帯には多数の馬蹄形の墳墓が造成されたと推定される。周溝の内部では祭祀が行われた後に廃棄された各種土器片をはじめとし、墳丘を飾った円筒土器なども出土した。

現在までの発掘調査は、伏岩里古墳群における東側の造営範囲を確認すると同時に、百済史研究における画期的な史料を提供している。

今後、伏岩里古墳群一帯の発掘調査を通じ、伏岩里一帯の古墳の造営範囲、時代による変化の様子、そして古墳群を築造した人々の生活遺構などを確認することにより、遺跡の全体の性格と栄山江流域における古代文化の様子を明らかにする史料が確保できると考えられる。


画像を見る
image 遺跡遠景
image 調査地域全景
image 3-2号甕棺の露出状態
image 鍛冶炉の露出状態
image 竪穴住居遺構全景
image 未詳遺構内牛骨の出土
image 周溝内の出土遺物(硯)
image 鍛冶炉周辺出土の鉄滓
image 木簡32点
image 木制品3件
image 1号竖穴调查结束后的全景
image 銘文土器と製鉄関連遺物
image 木簡の出土状態
image 牛の埋蔵遺構全景
image 馬蹄形の墳墓および遺構全景
image 壶的出土状态

羅州・五良洞窯跡発掘調査

遺跡名 羅州五良洞窯跡発掘調査
区分 遺跡試掘調査
調査期間 2007年~
内容 -

大型甕棺制作の古代技術復元プロジェクトの一環として、大型甕棺窯跡と推定される羅州五良洞窯跡(史跡第456号)の学術発掘調査が行われた。

遺跡は2001年に東新大学校・文化博物館が調査して以来、栄山江流域における三国時代の大型甕棺の生産集団を究明する上で重要な遺跡だという評価を得て2004年、史跡に指定された。しかし、一部の地域に対してのみ発掘調査が行われたので、大型甕棺専用の窯なのか、土器の窯なのかという論争が絶えなかった。これを受け、羅州五良洞窯跡の性格に関する究明と、栄山江流域における古代勢力の生産・流通過程の復元に必要な基礎資料を確保するため、2007年から中長期調査計画を樹立しており、毎年発掘調査を行っている。

2011年まで5次にわたる発掘調査の結果、窯33基、窯廃棄場1基、作業場1基、墳墓遺跡10基などの遺構が確認された。窯8基、廃棄場、作業場、墳墓遺構10基、竪穴住居、溝の遺構など25基についてはすでに発掘調査が行われており、多量の甕棺片と土器片などの遺物が出土した。調査結果、窯は栄山江流域で盛行していた大型甕棺を焼成した窯ということが確認された。とくに第5号窯(第3次調査)の窯前部から大型甕棺が1/3ほど残った状態で出土し、大型甕棺の焼成に用いられた窯であることを具体的に示す史料が確保できた。遺跡はAD5世紀〜6世紀はじめに、大規模な大型甕棺の生産集団が存在していたことを示している。また、窯の一部を廃して造成した墳墓は6世紀中頃以降のものに当たるので、遺跡内における窯の操業時期を証明する史料となっている。

これまでの発掘調査により、遺跡の性格に関する論争に結着が付けられる窯の遺構も確認されており、栄山江中流に分布する多量の大型甕棺の生産・流通に関する具体的な研究資料が提供できる。

今後、史跡内の丘陵地帯だけでなく、谷間地帯の発掘調査を実施し、全般的な窯の分布様相や、大型甕棺の移動・成形に関する遺構を確認することにより、遺跡の性格を総合し、栄山江流域の古代文化を究明する史料を確保する計画である。


画像を見る
image 遺跡全景
image 遺構分布図07〜09年
image 調査地域全景
image 1〜3号窯全景(第2次、08年)
image 第2次1号窯の床
image 第2次墳墓群全景
image 第1次1号甕棺
image 第2次墳墓遺構出土遺物一括
image 4号、5号全景第3次、09年)
image 第3次1号窯全景
image 第3次廃棄場全景
image 第3次廃棄場出土遺物
image 羅州五良洞窯跡第1〜第4次遺構配置図
image 窯群全景(第3次、09年)
image 4号窯窯前部出土甕棺(第3次、09年)
image 廃棄場出土甕棺(3次、09年)
image 21号、22号窯全景(4次、10年)
image 22号窯床の築造状態(4次、10年)
image 窯群全景(5次、11年)

羅州・会津城試掘調査

遺跡名 羅州会津城試掘調査
区分 遺跡試掘調査
調査期間 2006年~
内容 -

全羅南道地域において百済時代を代表する城郭である羅州会津城は、1986年全羅南道地方記念物第87号に指定・管理されている。1994年、全南大学校博物館により、南門跡および城の外部の破壊石室墓調査(6世紀後半