設立目的

国立伽倻文化財研究所は慶尚南道、釜山、蔚山地域に散在する伽倻文化圏域の文化遺産を保存し、地方文化の発展を図り、とくに文献資料の不足のために学術調査があまり行われてこなかった伽倻文化を明らかにするため、1990年1月3日、文化体育部の発足とともに設立された、文化財庁傘下の研究機関である。

1990年、文化財庁・国立文化財研究所所属機関として設立され、慶尚南道、釜山広域市、蔚山広域市における文化財の発掘調査および研究、出土遺物の保存・管理、文化財研究の調査報告書発刊などの役割を果たして来た。 2007年、国立文化財研究所が責任機関となり、伽倻文化圏の文化遺産の保存と地域文化の発展のために努めている。



伽倻文化圏の遺跡調査研究

重要な先史、歴史遺跡に対する学術調査を実施しており、国家が保護している史跡の整備・復元のための調査や、史跡指定のための事前調査も行っている。

Image

伽倻文化圏知識基盤造成研究

地域文化圏における歴史的アイデンティティを確立するための研究への需要に応え、蓄積された伽倻文化圏の歴史知識資料を活用する。

Image

Banner

Asia Cooperation Program on Conservation Science 文化財廳 國立古宮博物館 Korea National Commission for UNESCO