文化財の科学的分析

金属、硝子、陶器・土器、顔料など様々な材質の文化遺産の成分および微細組織の分析により、製作当時の原料の成分、製作技法、産地などの推定に活用している。また最近、BT(Bio Technology)分野における分子生物学的技術を応用し、出土した人骨や動物骨のDNA分析、古生物遺体の安定同位体分析および出土有機試料の科学的分析研究を行っている。



古代金属遺物の材質分析および製作技術の究明

image

米粒大の風鈴を収拾した状態

金属遺物の科学的分析により、微細組織および硬度などを調査し、製作技法および産地を推定する。

分析過程

金属遺物の分析過程

image 1. エポキシ樹脂を利用し、組織観察用試片をつくる。
image 2. 顕微鏡で観察する表面を鏡面で練磨する。
image 3. 分析顕微鏡により微細組織を観察する。
image 4. 蛍光X線分析装置で成分を分析する。
image 5. 微小硬度計を用いて各部の硬度を測定する。
image 6. X線回折分析装置を利用し、結晶構造を分析する。

金銅遺物:青銅に金鍍金した遺物

金銅遺物の材質分析は画像分析装置を利用し、鍍金層や内部組織を観察し、蛍光X線分析装置を用いて各部の成分を分析する。以下は感恩寺址・東三重石塔(国宝第112号)から出土した舎利箱遺物を細部撮影と成分分析を行った結果である。


舎利瓶の蓋の細部を撮影

image 幅約0.25mmの金線と0.3~0.5mmの金の粒によって装飾が施されている。(全長1.3cm)

舎利瓶の蓋に付いているつまみ部分を拡大撮影したもの

image 中央の7つの金の粒を中心に、七ヶ所に3つずつ金の粒で装飾が施されている。(全長0.4cm)

金の粒の使用技術の日常化

image 0.3mmの金の粒を内側の接合基準点とする。

風鈴を収拾した状態

image 米粒大の風鈴を収拾した状態約5mmの鐘身の0.3mmの金の粒の装飾が施されている。

金の粒の内部組織の状態