任務と目標

“国立文化財研究所は責任運営機関として、文化財研究の希望がある未来を担います。”

文化財は人為的または自然的に造られた国家的・民族的・世界的遺産であり、歴史的・芸術的・学術的・景観的価値が高く、これを調査・研究し、保存・継承していくことは文化国家にとって非常に重要な義務である。

任務

文化遺産の知識創出と活用により、韓国文化の価値を向上させる。

image

文化遺産の知識創出

科学的調査や学術的研究を基に新たな解釈と意義を付与し、内在する価値を発見・体系化する。

image

文化遺産の活用

対内的には研究成果を文化遺産の保存に活用し、対外的には顧客や国民に各種有用な文化遺産コンテンツを提供する。

image

価値の向上

文化遺産の意味と価値に対する国民の認識を新たにし、文化遺産に対する誇りとアイデンティティーの確立に貢献する。

目標

文化国家を先導する先進的文化遺産研究機関

image

グローバル知識ハブ

現在の文化遺産に関する知識情報をより体系化させ、知識情報の創出および体系的集約と知識情報のより効率的な活用を図った相互文化遺産の知識ネットワークを構築。

image

実現する能動的機関

従来の受動的なイメージから抜け出し、未来志向の積極的・能動的機関への変化を宣言。

image

国家研究機関

研究所本来の役割と使命を忠実に果たし、文化遺産の調査・研究・開発にかかわる内部構成員の力量と組織の競争力アップに向けての持続的な取り組みを促進。



Banner

Asia Cooperation Program on Conservation Science 文化財廳 國立古宮博物館 Korea National Commission for UNESCO